​診療内容
​・一般小児診療
・小児呼吸器疾患
・アレルギー疾患
 (気管支喘息、アトピー性皮膚炎など)
​・小児感染症疾患
​・予防接種
 
​診療時間
​小児科専門医が豊富な知識と経験をもとに
「的確な診断」「細やかな治療」を提供します!

 お子さんたちの病気は、新生児〜乳児〜幼児〜学童期と年齢に応じてその特徴が変化します。その診断と治療には豊富な知識と経験が必要となります。

長年にわたり小児救急医療、新生児医療、特に呼吸器疾患、アレルギー疾患の診療に従事し数多くの患者さんたちと向き合ってきました。

 

 この経験を生かして子どもたちの「もっと元気のお手伝い」をしていきます。

なお、当院ではこども達にとって不要な検査をできるだけ減らすよう心がけています。「ウイルス検査」や「アレルギー検査」、「血液型検査」などもお子さん達の状況に応じて保護者の方とも必要性について相談しながら行っています。

​「気管支ぜんそく」や「長引く咳」といった
「小児呼吸器疾患」は是非ご相談ください!

 「日本小児呼吸器学会」に所属し、日々新しい医療情報をクリニックでの診療に活かしています。お子さんたちが日常遭遇する「かぜ」はもちろん「なかなか咳が止まらない!」といった相談や受診が大変多く、その原因診断や​治療をご家族への十分な説明とともに行なっています。

 

 その中でも「気管支ぜんそく」は慢性疾患であり的確な診断と長期的な治療計画が重要となります。定期的に重症度やコントロール状態の評価しながら、患者さん本人とご家族にも協力して頂き治療計画を立てていきます。

​食物アレルギーは最小限の除去を
「アレルギー検査」と「経口負荷試験」

 乳児・幼児早期の食物アレルギーの主な原因である鶏卵、乳製品、小麦は、その後 加齢とともに耐性を獲得するといわれています。またアレルギー検査(特異的IgE抗体)が陽性であり感作が示唆されても食物アレルギーとしての症状がなければ必ずしも除去を必要としません。

 

 これらを理解していただいた上で、症状やアレルギー検査、経口負荷試験の結果をもとに食物アレルギーの診断を行い「必要最小限の食物除去」を行っていきます。 

​「乳児湿疹・アトピー性皮膚炎」
適切な「スキンケア」から!

 乳児期の皮膚トラブルは小児科でも一番多い相談の一つです。「乳児湿疹・アトピー性皮膚炎」や「皮膚の乾燥」は適切な治療やスキンケアをすることで「食物アレルギー」の予防にもつながると考えられています。

 

 保湿剤や軟膏の塗り方は、適切な指導のもとで行うことによりより効果を発揮します。当院の看護スタッフが丁寧に指導させて頂きますのでご相談ください。

予防接種はお子さんと家族の未来を守ります。
​忘れずに接種しましょう!

 予防接種で防ぐことができる病気は、できるだけ積極的に防ぐべきだと考えています。子どものうちの病気を防ぐだけではなく、将来の健康を守ったり家族を守るためのワクチンでもあります。

 

 効率的に予防接種を受けるために、複数のワクチンを同時に注射する「同時接種」が一般的です。同時接種をしても副作用のリスクが特に増えるわけではありませんので安心してお受けください。 
(同時接種が心配な方は1種類ずつ接種することもできますのでご相談ください。)

​アレルギー検査について

アレルギー検査はアレルギーの診断に重要ですが、年齢や状況をみて、お子さんの負担にならない様必要最小限の検査で診断ならびに治療計画を立てています。

【乳児の一例】

 ① 8ヶ月:離乳食で湿疹が出現

 ② 一旦除去し10ヶ月頃「経口負荷試験」

 ③ 摂取できれば徐々に除去解除

 ④ 症状を繰り返せば「アレルギー検査」

  ・・・など

​血液型検査について

・血液型の判定は1歳未満では判定する「抗原や抗体が十分でない」ためきちんと判定できない可能性があります。このため検査結果が確定する3歳以降での検査をおすすめしています。

・また「血液型検査」の必要性は医学的にはほとんどないため、もし調べたい方はお子さんの負担にならないよう「アレルギー検査などの採血と同時」に行うことをおすすめしています。

・検査費用は自費となります。(1000円)​

TEL 092-553-7700
 

〒815-0031 

福岡県福岡市南区清水3丁目8−7

TEL 092-553-7700

FAX 092-553-7711

E-mail g.yamamoto@kodomono-c.com