​食物アレルギーは正しい診断と最小限の除去を!

 乳児・幼児早期の食物アレルギーの主な原因である鶏卵、乳製品、小麦は、その後 加齢とともに耐性を獲得するといわれています。またアレルギー検査(特異的IgE抗体)が陽性であり感作が示唆されても食物アレルギーとしての症状がなければ必ずしも除去を必要としません。

 

 これらを理解していただいた上で、症状やアレルギー検査、経口負荷試験の結果をもとに食物アレルギーの診 断を行い「必要最小限の食物除去」を行っていきます。 

食物アレルギーのお子さんへ.jpg
食物アレルギーのお子さんへ2.jpg